沼津中央病院

文字サイズ変更

ホーム > 医療関係者の方へ > 部門紹介 > 看護部

医療関係者の方へ

部門紹介-看護部

看護部基本方針

「プロとしてひとりひとりを大切にする看護の実践」
  1. 患者の役に立てる専門性を追求する
  2. 患者・家族の立場に立って説明することができ、納得のもとの活動を目指す
  3. チーム医療の要になれるよう努力する

看護部教育理念

沼津中央病院の理念に基づき、看護職としての能力を有し、協調性のある人材を育成する。

教育目標

  1. 専門的知識や技術を身につけ、安全で安心・安楽な看護を提供できる人材を育成する
  2. チームの一員としての立場と役割を認識し、責任のある行動がとれる人材を育成する
  3. 自主的な学習を奨励し、充実感・満足感を得られるように支援する

看護提供方式

モジュール型プライマリーナーシング+機能別看護
ナースステーション写真 受け持ち看護師が、入院から退院まで計画を立案し、直接お世話をします。
 この看護提供方式は、チーム制・プライマリ制・機能別の各利点を活かしつつ、各欠点を補う方式として考えられています。

精神科看護師の業務内容

■外来

外来受付写真患者さんの生活や薬の服用状況を確認し、その他必要な処置を行います。また、病気その他について患者さんやご家族の相談をお受けします。
 必要に応じて、医療相談部門やデイケア・訪問等の専門部署と連携します。
 静岡県東部ではまだ数少ない児童精神外来を行っています。

■入院時

入院時情報を基にアセスメントし、安全や安心が得られるような看護を提供します。

■入院中
生活治療プログラム

生活治療プログラム患者さんとプライマリナースが一緒に目標を立て、退院を目指します。そのためのツールを生活治療プログラムと名付けています。

精神的支えとして

闘病意欲が持続できるように患者さんにアプローチすることも重要な仕事のひとつです。

病棟活動の運営

病棟には様々なプログラムや日課が行われています。バイタル測定、洗面・入浴・食事等の生活指導、服薬指導、レクリエーション、作業療法、心理教育等に関与し、実践します。

■退院時

関係部署や諸機関との調整を行います。必要に応じて患者さんの自宅に訪問し、実際の生活環境等を把握し、退院時指導を行います。

■その他、精神科看護師が活躍する部門・部署

精神科看護師が活躍する場は、外来・入院といった場だけではありません。患者さんが地域で生き生きと暮らせるよう支援する部門・部署として、デイケアや訪問看護ステーションがあります。 生活治療プログラム

■看護師の育成(教育体制)

■目標管理

平成13年度より、目標管理を導入しています。
 目標管理とは、人が目標によって管理されるというのではなく、目標を持つことによってセルフマネジメント(自己統制)し、組織と個人を結び付け、その果たすべき目標を達成していく手法です。

■キャリア開発段階評価表

平成14年度より、プライマリナースとしてのキャリア開発を目指し、導入しています。自身の成長を自己評価し、次期課題を明確にします。目標管理と結び付けることで動機づけを強化します。

■現任教育

現任教育卒後4年目までの新人ナース(経験者も含む)は「教育プログラム」に沿った集合教育やOJT(現場教育)を行っていきます。5年目からは、主体的に学ぶことが求められます。

■プリセプター制

新人1年目(経験者も含む)には1年間プリセプターが付きます。相談役として、精神的支援および技術の習得支援を行います。

■専門資格や認定への支援

医療安全管理者養成研修、実習指導者養成研修、感染管理に関わる研修、精神科認定看護師などの資格や認定取得に向けて支援します。

■院外・院内研修および研修制度

現任教育看護教育研修や各病棟勉強会の開催やリーダーシップトレーニングなどの研修を行います。
学会への参加や外部研修会への参加のための研修制度があります。

院内教育(一部を抜粋)
4月入職時オリエンテーション、新人実務研修(注射等の基礎技術)、院内新人研修会、学生指導者研修、プリセプター研修
5月法人主催新人研修、フォロア研修
6月看護基礎業務研修
7月看護基礎業務研修、看護過程研修
9月学生指導者研修、フォロア研修
10月看護基礎業務研修
11月看護基礎業務研修、法人主催中堅職員研修
12月ステップアップ発表会、看護過程研修
1月学生指導者研修、フォロア研修
2月研究発表会、新人振返り研修、プリセプター研修
毎月1回看護教育研修

■看護師採用については募集ページをご覧ください→こちら