沼津中央病院

文字サイズ変更

ホーム > 社会復帰サポート > デイケア > リワークデイケアぽると

社会復帰サポート

リワーク・デイケア ぽると

リワークとは

「リワーク」とは、return to workを略した言葉で、復職を意味しています。うつ病からの復職の成功(再休職予防)と再発予防を助けるしくみがリワークプログラムです。

「ぽると」では、復職に向けたリハビリテーションを行い、職場に戻って仕事ができるようになるまでの回復を促します。

これまでの行動や考え方を見直して、ストレスへのセルフケアの方法を身に付けることでうつ病の再発・再休職を防ぐことを目指します。

「ぽると」の名に込めた想い

「ぽると」ではリワークデイケアを利用される方を船乗りに例えています。操縦している船の整備点検が必要になったり、食料が不足したり、船乗り自身の健康を維持する必要があります。そのような時に「ぽると(港」」に立ち寄ってもらい、次の出向に備えます。
必要な準備を自分の力でできるようにお手伝いする、それが「ぽると」としての私たちの役割です。

「ぽると」3つのコンセプト
リワーク説明
やすらぐチカラ リラックス・リフレッシュ
ストレッチやアロマなどを用いて心身のリラックス・リフレッシュを学びます。自分に合った気分転換の方法を見つけましょう。
とらえるチカラ 心理教育・個人ワーク
自分自身のものごとの捉え方の癖や脆さに向き合っていきます。考え方を変えようと無理をするのではなく「どう考えやすいのかに気づき、受容し、付き合い方を工夫する」という柔軟な心を育んでいきましょう。病気のことも、自分自身のことも、気づく力を身に付けていくことが大切です。
ひきだすチカラ 作業・運動
仕事は体力だけでなく、集中・持続力・協調性や連帯の意識も大切と考えています。運動・作業の体験を通してご自身の持っている強みを発見・再獲得していきましょう。
ご利用になれる方

うつ病・躁うつ病・神経症圏の疾患のある、休職期間中で復職の意欲がある方。
生活リズムができ、医師の判断で症状が概ね改善しており、日中活動の場が必要でプログラム参加が望ましいと考えられる状態にある方。
他院に通院中の方もご利用は可能です。

ご利用までの流れ
リワーク説明
  1. 主治医との相談・利用の検討
  2. 見学申請(外来→リワーク)
  3. 見学日程調整(リワーク→ご本人)
  4. 見学
  5. ご本人の利用意志確認・主治医との検討
  6. 受理会議(主治医・リワーク・担当)
  7. オリエンテーション・面談・必要書類
  8. プレ試行(週1回・土曜日 13時~16時)
  9. 本格利用(週3回・月木土曜 13時~16時)
リワーク活動から復職までのステップ
  1. リワーク活動
    1. 活動記録表の振り返りと気分や体調の把握
    2. 職場担当者への報告
    3. リワークプログラムの活動参加
    4. チェックリスト(復職準備性※)作成
    5. 活動自己評価・スタッフ評価
    6. 自己理解を深める・取説作成
  2. 復職申請前の準備
  3. 復職申請
  4. 職場との調整
  5. 試し出社(制度がある場合)
  6. 復職判定
  7. 復職後フォロー

※復職準備性とは・・・
勤務や業務のストレスに耐えられるように、体調やその他の準備を整えること
安全な通勤、仕事が耐えられる作業耐性、再発しない働き方の工夫など

復職までの期間は概ね3~6か月です。

プログラムについて
リワークデイケア
心理教育系
ストレスマネジメント 認知行動療法など
オフィス作業系
作品づくり ミーティングなど
運動リラックス系
ストレッチ 音楽鑑賞 卓球 お茶会など
デスクワーク
個人作業 脳トレ 読書など
卒業課題
自分の取説 プレゼンなど
1日の流れ
13:00開室
医師診察(出欠確認)・連絡
開室
医師診察(出欠確認)・連絡
開室
医師診察(出欠確認)・連絡
13:15

15:30
デスクワーク・個人作業
スタッフとの面談
13:15~13:45
デスクワーク・個人作業
スタッフとの面談
13:15~13:45
デスクワーク・個人作業
スタッフとの面談
13:15~14:15
休憩休憩休憩
プログラム
(心理教育系)
14:00~15:30
プログラム
(オフィス作業系)
14:00~15:30
プログラム
(運動リラックス系)
14:30~15:30
15:30休憩・掃除休憩・掃除休憩・掃除
15:45シェアリング・連絡シェアリング・連絡シェアリング・連絡
16:00閉室閉室閉室
デスクワーク・個人作業
・自己の振り返り、目標の確認 ・集中して作業を行えること ・取説づくり
プログラム
・3種のテーマに沿った内容を提供
シェアリング
・プレゼン、自己表現共有
スタッフ

医師、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、臨床心理士
薬剤師・栄養士(内容に応じて担当依頼)

費用について

各種保険が適用されます。
自立支援医療制度をご利用されると更に費用が軽減されます。個人の条件により、自己負担額は変わりますのでご相談ください。

リワークを経験した方々の声
ちゃうだーさん
週3日、4か月間の短い間でしたが、認知行動療法・アサーション・アンガーマネージメントなどを学び、自分の長所・短所に気付き、認めてあげられるようになりました。1人では乗り越えられなかった重度のうつ、スタッフや仲間と一緒だから乗り越えられたと思っています。
すぅぢぃ~さん
クリニック通いだけでは解消できなかった気持ちの落ち着きどころが、リワークへ参加し、講義を受け、スタッフや仲間と触れ合う事で自分の短所に気付き、アドバイスをもらった事で自分を変えてみようと思った。自問自答が続いた日々に一応のけじめが付き、復職への意欲が湧いた。
ねこさん
リワークに参加した事で、昼夜バラバラだった生活リズムを整える事ができた。こころコンパスなどの講義を受けて、自分の状況を掘り下げて確認する機会を受け、良いことやそうでない事を知る事が出来た。今後の人生にそれを生かしていこうと思った。
ぬーぴぃさん
休職で人との関わりがほとんど無くなった私にとっては、家族や友人以外の人と関わる場所が出来たのはとても嬉しかったです。ここで会う人たちは同僚でも友達でもない関係ですが、一番刺激し合える存在です。
いつも普通さん
自分と同じ思いの人達に会えたこと。1人じゃないと気付いた。いろいろな講義を受けて、自分を振り返ることができた。

ぽるとでは、多くの方がプログラムを経験し、新たなステップを踏み出しました。悩みを抱える仲間と共に同じプログラムを通して自分の意見を発表したり、仲間と交わし合ったり、今まで自分では気が付けなかった点をスタッフから言ってもらう事で「より充実した生き方」を発見できる場です。

★リワークのメンバーが作ったポスターです→PDF[257KB]